雨天時浸入水発生領域調査サービス Dr.TCBMTM 

下水処理の現場で「不明水」と呼ばれている、下水管に流れ込む雨天時浸入水は、現実に様々な問題を引き起こしています。その発生箇所の特定は重要な課題ですが、従来は多くの時間と費用がかかっていました。

Dr.TCBMTM雨天時浸入水発生領域調査サービスは、ソフト解析技術により下水処理場等の日報データから、処理区域全体の中で浸入水発生の可能性が高い地区を絞り込む事ができます。

そのため、発生箇所の特定は従来に較べ、短期間で安価にできるようになります。流域関連市町村でも、幹線流量の日報データで調査が可能です。

※『Dr.TCBM』はアズビル株式会社の登録商標です。あい環境計画株式会社はアズビル株式会社からDr.TCBMモデリング技術を用いた本解析サービスの実施許諾を受けている会社です。

 

 

 

ニュースリリース

  • 2019年4月 ホームページを公開しました。
  • 2019年12月 Dr.TCBM情報を更新しました。